このブログの記事を検索

2015年8月5日水曜日

カメラ女子・広瀬すず 愛器はCOOLPIX P520からX-T10へ

「海街ダイアリー」での広瀬すずの存在感は、ここ数年の日本映画ウォッチャーの自分にも強いインパクトを与えた。見て以来ずっと四姉妹の美しいシーンの数々が頭から離れない。日本人にとって宝物のような映画だったな。後味がじわじわまだ続いてる。

さて、最近になって広瀬すずはガチのカメラ女子だって知った。

「ニコンのCOOLPIX P520を愛用中♥ 写真を撮るのが昔から好きで。どうせならガチで撮れる本気っぽいのがいいなと思って、お金をためて自分で買ったよ!これからは写真の旅に出てみたいな」
自身がモデルを務めるSEVENTEEN 2014年1月号Nikon COOLPIX P520 を愛用していることが判明。このとき広瀬すずは中学3年生。5万円ちょっとはするカメラを、中学生がお小遣いで買うにはちょっと高い気がする。服を買うよりもカメラ、よほどカメラが好きに違いない。自分が中学生のときにカメラを買うなんて考えもつかなかった。

すずはCOOLPIX P520 を「一眼レフ」だと思ってるかもしれないが、厳密にいうと「一眼レフ」とは言えない。あくまで一眼レフ風なコンデジ。だが、どんな被写体でも対応できる機種だと思う。10代の女の子にはぴったり。すずの写真の腕前はブログでたくさん見ることができる。TOKYO FM SCHOOL OF LOCK!のスタジオ写真を見てもこのCOOLPIXを持っていることが多い。

光学42倍ズームってすごいな。30年~40年前の古いジャンクカメラしか使わない自分にはまったく縁のないカメラだわ。
以下、広瀬すずの「カメラ欲しい発言」を時系列に拾うと、SEVENTEEN 2014年12月号での広瀬すず大特集では
「本格的なカメラで撮るのが趣味なんです♪次はフィルムのカメラが欲しいな。かわいいやつ」
との発言が見られる。すずがその後フィルムカメラを買ったかどうかは未確認。
ひょっとすると、「海街diary」の撮影現場で是枝監督や瀧本カメラマンがフィルムカメラを持ち歩いているのを見ての発言かもしれない。今の10代がフィルムカメラに興味を持つって考えられない。
是枝監督の二眼レフカメラ・ローライフレックスを見つめる四姉妹。是枝監督はライカデジカメも持ってる。すずが本格的にカメラに興味を持つきっかけを与えたのはひょっとして是枝&瀧本か?!

広瀬すずツイッター2015年1月7日では「そういえば。カメラ3台目買っちゃった。」との発言がみれられる。写真をみると、これがどうもFUJIFILMのミラーレス一眼Xシリーズのどれかに見える。

SEVENTEEN 2015年5月号の別冊付録Seventeen Models Perfect Bookで、毎日持ち歩くカメラとしてFUJIFILM  X-M1をあげている。「ドラマの現場で共演者のみんなを撮ることが多いかな♥」。
となると、1月に買ったという「3代目」はX-M1っぽい。レンズキットだと5万円以下で買えるミラーレス一眼。

だが、Q.最近の買い物で一番高かったものは?との質問に、
「カメラかな?ドラマが終わったら自分へのごほうびにもう一台買おうと思ってて。結構お高いので、それが一番高くなる予定。」
と答えている。広瀬すずブログ7月9日の記事ですずが嬉しそうに持っているカメラはFUJIFILM  X-T10だ。これが「学校のカイダン」終了後に自分へのごほうびとして買った4台目カメラか?!
すると、すずが5月のカンヌに持っていったのはT10か?カンヌのために買った1台だったのか?と思ったのだが確認すると、これはX-M1だったっぽい。すずは5月の時点ではX-M1ユーザーだった。

FUJIFILM  X-T10もミラーレス一眼だが、M1を小型軽量化、動く被写体へのオートフォーカス精度向上、タイムラグのない電子ビューファインダー、という機種らしい。自分は最新デジカメに何も興味がないのでそのへんはよくわからない。

広瀬すずは新型が出るたびに買い換えるタイプか?それとも部屋には4台カメラがあるのか?その辺は不明。だが、どんどんグレードがアップしている。のめり込んでる。きっと毎日カタログ見て、次はどれを買おうか?と考えながら仕事を頑張ってたんだろうな。微笑ましい。

で、広瀬すずは7月からFUJIFILM「写プライズ」という店頭プリントサービスの新CMが始まってる。
おれのまさみ以来の静岡が生んだ美少女だな。もし広瀬すずが可愛く見えない人がいるとすれば、きっと心を病んでいる。
ひょっとすると自分はこれから広瀬すず研究家になっていくかも…。

2 件のコメント:

  1. おでこを出している時の広瀬すずの可愛さはヤバいですね。あの殺傷力は凄まじい。
    「海街」を観てそのことを教えられたので、あの作品にはやはり感謝したいです。

    自分にとって最強の美少女といえば、長らく「天然コケッコー」における夏帆でしたが、「海街」のすずによって更新されました。
    当時の夏帆よりも、今のすずは雰囲気的にメジャー感があると思うので、これからもっとすごいスターになっていくでしょうね。
    自分も静岡出身なので、何か応援したくなりますね~

    ただネット界隈なんかだと、広瀬すずをスキャンダラスに暴いてやろうとか、貶めようという流れも感じるので、そういう人達には『まず、落ち着け』と言いたいです。
    10年に1人の逸材なんだから、皆で大事にスーパースターを育てようじゃないかと。

    返信削除
  2. 自分もすずのあの発言はなんら問題なしという意見。高校生の発言に意見するほどあなたたちは立派なのか?って。芸能界に嫌気がささないか心配。いい意味で鈍感に、天真爛漫に育ってほしい。ちはやふるが楽しみ。監督は「タイヨウのうた」の小泉徳宏カントクだ!

    返信削除