このブログの記事を検索

2017年6月8日木曜日

小松菜奈「近キョリ恋愛」(2014)

小松菜奈がヒロインを演じているというだけで「近キョリ恋愛」(2014)を見る。DVDジャケットを見る限りライトな生徒と教師の恋愛もの少女コミック映画。

だが、ネットで見れる予告編だと、主演の英語教師役ジャ〇ーズ俳優がまったく映らないために、ヒロイン小松菜奈がもんもんと想いを寄せる相手がまるで水川あさみであるかのように見えるw

数学オリンピックで金メダルを取るほどの才女を小松が演じている。いつもぼーっと眠い顔で無表情。「黒崎くん」に比べると可愛さ半減。
初めて経験する恋という感情に戸惑うヒロイン。これが静かでテンポの悪い地味展開紙芝居映画。とても長く感じた。

見た目のチャラい英語教師も無表情で自信満々のクールでスカしたぶっきらぼうイケメン。女子たちから黄色い声を浴びる存在。こういう先生を雇うこと自体が後々の問題の元凶。

二人きりで英語の補修を受けるヒロインに他生徒が嫉妬、そして嫌がらせ。ピンチを救いお嬢様抱っこ。授業中に他生徒から見えない場所でキスw 他の男子生徒といい雰囲気を目撃したら拉致w ヤダ、この先生、怖い。
「卒業したら結婚しよう」とか突然すぎ。イケメンだとしても、何言っちゃってんの?って感じ。

明るくポジティブなきゃぴきゃぴ友人役が山本美月。JK役の山本のかわいさは異常。
モデル女優ふたりの並び立つ姿が美しい。山本と小松、身長がほぼ一緒。

この映画のストーリーと展開にリアルを感じられなく、大人が見るに堪える内容がなくてやや退屈。

0 件のコメント:

コメントを投稿